アニマックスが妖怪人間ベム(1968年放送版)のオリジナル版を放送とTwitterで宣伝したが嘘だった件

f:id:Fushihara:20190820004023p:plain

https://twitter.com/ANIMAX_Japan/status/1161623506687156225 より。

2019年08月20日(火)00:00~「妖怪人間ベム #3,4 #3「死びとの町」#4「人魂」」アニマックス より。

ツイートにも、番組放送開始時の警告画面にもはっきりと「オリジナルのまま」と書かれている。

ベムは表現規制により音声削除 サブタイトルの改題が行われていたが、2010年に初回放送オリジナル版のDVDがビクターからリリースされている。

https://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A023305/VIZF-5010.html より

ビクターのHPによると、第四話の本当のタイトルは「せむし男の人魂」であり、アニマックスの「人魂」はその段階でオリジナルではない。

また、オリジナル版のサブタイトルは作品の雰囲気にあったおどろおどろしい書体が使われているが、そこも見分けるポイントとなる。

https://www.youtube.com/watch?v=Wxx36zjolDY より

アニマックスには今からでも、正しい映像で1話から再放送をして欲しい。 その気がないのなら、訂正ツイートを投稿し、オリジナルのまま放送という警告画面も削除して欲しい。こういう事があると、放送局がオリジナルのまま放送という事を信用出来なくなる。それにオリジナルを尊重した結果がコレというのはスタッフに失礼すぎるだろう。