TV番組を国会図書館でアーカイブする時は、番組表もアーカイブして欲しいという話

1974年放送(制作?)の1分のミニアニメ「星の子ポロン」。チャー研と同じく、内容がカオスでちょっと話題になったけどソフト化されず権利者も現状不明な謎の作品。

1997年頃にキッズステーションで放送されているのを見た。という人が居て、それを検証した人のまとめ。

これは感動したね。まとめを作った人が、国会図書館に行く→1996年前後のケーブルTVの番組表を載せてる所蔵が見つからず→山形県のケーブルTV会社が発行してる「おもしろバイキング」という雑誌に載ってるっぽい→でも山形の図書館にしか無いっぽい→相互貸借制度を使えば取り寄せ出来るっぽい! で、無事取り寄せて、載ってない事の確認が出来ましたとさ。

たかだか20年前のテレビの番組表を探す事すらこんなに苦労するとはね。国会図書館はせめて、全TV局の省略なしの番組表をアーカイブする所から始めてほしい。 ネットに押されているとはいえ、日本で一位二位を争うメディアの記録が残ってないってダメダメすぎる。縮刷版を発行してる新聞の素晴らしさったら無いね。縮刷版も日本全国全てのローカル含む新聞社が発行してる訳じゃないだろうけどさ。

しかし、キッズの過去の番組の案内しねーよ!って姿勢は本当嫌だね。番組表なんて最悪テキストべた書きでいいから全部出せばいいのに、何を嫌がってるんだ。

「サテライトマガジン」という雑誌で調べた人も居る。この雑誌は細かい番組表が載ってるらしいけど、もう廃刊してる。つまり、優れた情報があってもそれを参照する事が難しいんだよね。雑誌名、初めて知ったし。「サテライトマガジン」の他に、実はすっごいマイナーだけど完全な番組表をぜーんぶ載せてる雑誌があったかもしれない。けどそれを調べる方法が無い。

似たような話で、ちょっと前 日本の絵文字が凄い!ホルホルされてた時期に、当時のガラケーの絵文字について調べようとしたんだけど、当時あれだけあったガラケーのケータイ情報誌の名前を何も思い出せなかったのね。書店にずらーーっと並んでいたのに、おそらくは国会図書館にあるだろうに、それを参照する事が出来ない。

国会図書館は収蔵してる本の中身を全部スキャンして、Googleブックスに投げるといいよ。